名前
件名
メッセージ
画像
メール
サイト
アイコン
文字色
パスワード
プレビューする(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

悪夢の特待生契約

新・SM小説書庫2  Site  new!

2017/05/28 (Sun) 19:12:08

 お世話になります。「新・SM小説書庫2」管理人の二次元世界の調教師です。

 新作「「悪夢の特待生契約12.媚薬混入水と生ゴム手袋の罠」をpアップしました。

「ホントにこんなゴミみたいなパンツがいいんですか? それじゃこうさせて下さい」
「おおっ! 恵美ちゃん、君ってホントに天使だよ」

ーだって安田先生、オチンチンビクビクさせてるんだもん。こんなの気持ちいいかなと。あ、いっぱい出ちゃった

 安田が自分の汚れパンツを宝物のように愛でながら露出ペニスをグングン勃起させているのを見た恵美は、やおら彼に近付いてパンツを取ると、それでペニスを包みシュッシュッとしごいてやったのだ。安田はもちろん大喜びでたちまち大量の精子を放出したが、こんな行為を自分から演じてしまう恵美は、エロ娘まっしぐらであった。

☆更新しました☆

ひとみの内緒話  Site  new!

2017/05/28 (Sun) 13:30:36

-----
ハードSM小説「鮮血の日記 2」第8話第4節をアップしました。
-----
 ベルトを巻かれ、椅子にしっかりと拘束された後も最初に言われた通りミシュエルの肩を押さえ、椅子に座らせていたトムスが、怯えたような表情を浮かべて一歩後ずさる。

「もう、充分です」

 薄く、口元に笑みを漂わせてミレニアがそう言う。
 立ち位置の関係でミレニアには背を向けており、直接にはその笑みを目にしていないプラムも、ミレニアのまとう雰囲気が変化したことを悟って僅かに身をすくませた。

 振りかえりかけた彼女の肩に、ミレニアの手が置かれる。

「プラム、ご苦労様でしたね。彼の尋問は、これで終わりです。あなたは、もう部屋に戻っていていいですよ」
「は、はい」
「トムス。あなたは、彼をあの台の上に寝かせてください」
「あう、うあ、うああ……」

 トムスがミレニアのことを指差して不明瞭な声を上げた。
 ミレニアが軽く小首を傾げる。

「どうしました?」
「うあう、うあ、あうう」
「おかしな人ですね。拷問の場に立ちあうのは、初めてではないでしょう? 何を怯えているんです?」

 おそらく、いや、確実に、ミレニアは自分が笑みを浮かべていることに気付いていない。
 そして、その笑みがトムスを怯えさせ、ミシュエルの言葉を遮ったと言うことも。

「ミシュエル。一つ、あなたは勘違いしていますね。バドは、最後まで、そう、殺される時まで、私を殺そうとしたのは自分の意思だと、誰に頼まれたのでもない、自分の意思だと主張を続けていました」
-----

http://marsearthrise.com/

『ブルマとレズと時々セックスと』 第1話を公開しました

羞恥の風  E-mail  Site  new!

2017/05/28 (Sun) 13:03:15

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『ブルマとレズと時々セックスと』 第1話を公開しました。

本文抜粋……
噴き出す汗に貼りついた白シャツを。
肩を上下させるたびに波打つ、バストのふくらみを。
さらには、豊かに発達中な腰を包むライトブルーのハーフパンツを。
ここが本命とばかりに黒目だけをスライドさせ、股間のところに微かに食いこむ布地のシワを舐めるようになぞらせて。
「治彦ったら、こんな時でもスケベなんだから」
耳元でささやかれた。
爽やかなスプラノボイスを痛々しく嗄れさせた少女が、目尻に光るモノを溜めながら、治彦の脇も肘で突いた。

http://shuuchinokaze.red/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2269★

Mikiko's Room  E-mail  Site  new!

2017/05/28 (Sun) 08:02:38

------------------------------------------------------
「AVでは、この姿勢のままピストンが始まります。
 それはもちろん、カメラの視界を塞がないためです。
 しかしこの状態では、最大の性感帯であるクリトリスが放ったらかしです」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

悪夢の特待生契約

新・SM小説書庫2  Site  new!

2017/05/28 (Sun) 06:21:49

お世話になります。
「新・SM小説書庫2」管理人の二次元世界の調教師です。
新作「悪夢の特待生契約11.いつでもどこでも3点ローターでイキまくる特待生」をアップしました。

 そして躊躇いもなく股間にやった手が汚パンツの上から「3点ローター」ギュッと押すと、たちまち天上の快楽を奏でるバイブレーションが始まった。

ーコレよ! 私が欲しかったのは。クリが凄いの! 乳首もすっごくイイ!‥.ああああ、イ、イク、いくううっっ!!

 待ち望んでいた振動が与えられるなり、クリトリスを中心にして超絶快感に見舞われた恵美は罪悪感など頭から吹き飛び、枕をきつく噛んで余りの快楽にすすり泣いていた。
 


オリジナルSM画像の更新

愛と官能の美学  Site  new!

2017/05/27 (Sat) 23:29:25

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。
本日は『愛華』さんの投稿画像20枚を更新しました。
メイルドム系SMです。

http://shy8.x.fc2.com/

『ツレがスケベ小説に染まりまして……』更新しました!

レメの官能小説  E-mail  Site  new!

2017/05/27 (Sat) 21:34:49

『ツレがスケベ小説に染まりまして……』第十四話更新!

 真実の愛に辿り着くと信じて執筆した
 官能小説!
 その行き着く先は――?

 http://remenovel.com/

☆更新しました☆

ひとみの内緒話  Site  new!

2017/05/27 (Sat) 20:03:17

-----
若き未亡人を襲う凌辱の嵐「加奈子 悪夢の証書」第17節をアップしました。
-----
 最初は、後方の園木に強いられ加奈子自ら腰を動かすことはなかったが、下方から肉棒を突き込まれていくうちに、媚薬の効果も手伝って加奈子の性感は激しい高まりを見せていた。

 いつしか艶めかしく腰を動かし始めた加奈子に、阿久原は満足そうに微笑んだ。

「ええ腰つきしとるなぁ~。それにグイグイと締め付けてきよるがなぁ。この調子やったら、わし、はよイッてしまうかも知れへんで~。」

 それを聞いていた園木は焦った声で、「社長! ちょっとちょっと! まだイッちゃダメですよ~。オレもよせてくださいよ~。」
「おお! そやったな~。園木もおったんや。」

「社長、ひどいですよ~。オレのことすっかり忘れて。」
「すまんすまん。忘れてたわけやないんやで。よっしゃ、園木もはよ入れろ!奥さんはわしががっちり抱いとくさかいに、後から、ズッポリ挿し込んだってや~。」

 ふたりの会話を何気に聞いていた加奈子は慌てふためいた。
 阿久原は園木に「後から」と指示しているが、もしかしたらそれは菊門への挿入、を意味するのではないのか。

 加奈子は喚いた。
「いやっ! それだけはやめて~! 後だけは勘弁してください!」

「まあ、そう嫌がらんでもええやないか。前からと後から両方から攻められるちゅうのは2倍気持ちええらしいで~。遠慮せんとほれほれ!」

 阿久原は加奈子の背中をつかんで手前に押し倒した。
 上体を前に倒すと自ずと臀部が浮いてしまう。

「いやっ! やめてっ! お願いです!」

 園木はチューブから白い軟膏のようなものをしぼって、加奈子の菊門に塗り始めた。

「奥さん、うしろは初めてのようだから、痛くないようにクリームを着けてやるからじっとしてて~」

 加奈子は尻を振って園木の指を避けようとしたが、とても逃れられるものではなかった。
 菊門にたっぷりとクリームが塗り込められた。
-----

http://marsearthrise.com/

☆更新しました☆

ひとみの内緒話  Site

2017/05/27 (Sat) 13:45:17

-----
魔爪が抵抗派の女たちに迫る「secret police 海猫 2」第12章第5節をアップしました。
-----
「いっそのこと、出してしまったほうが、あと、楽だよ」
 吉崎が経験をふまえた適切なアドバイスをした。

「そ、それもそうだよな」
 男は自分に言い聞かせるようにいい、掴んでいたエリの頭を強く動かしはじめた。
「ほらっ、もっと強く吸えよ」

「ンンーッ!」
 自分のペースでやっていたのを、強引な男の腕力で乱されてエリは鼻息を荒げた。

 こうなればもう技巧も情緒もない。
 肉のせめぎあいがあるだけだ。
 エリは全身の力を口元に集中させ、歯をたてないように細心の注意を払いながら懸命に吸いたてた。

「ううっ」
 男の顔面が紅潮し、絶息する。すべての動きが途絶した。
 ぎっちりと根元にまで女の顔を押さえつけ切った。

 エリは自分の口中で一気に充血を高め、それが限界までふくらんでいくのを知覚した。
 と、同時におびただしい精液が迸しりでた。

 濃厚な味の熱液は舌を汚辱し、すべての歯にまみれ、喉さえも灼いた。
 一部は唇の端から溢れでた。
 厳しく躾けられている作法どおり、十七歳の淫婦はコクリコクリとザーメンを嚥下していった。

 蜜と混合したそれは互いに互いの成分を触発しあっているようで、濃厚に、そして甘く、臓腑に染みこんでいくのである。

 ご挨拶にしては陰惨すぎる行為は、むろん他の三人へもつづけられた。
 警備隊員の残りの一人と吉崎は最初の男と同様、一発抜いておく方法を取り、御坊は省エネの作戦で放出は控えた。
-----

http://marsearthrise.com/

SM小説『悪魔の集う家』

愛と官能の美学  Site

2017/05/27 (Sat) 11:36:48

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『悪魔の集う家』
第16話 哀しき姉妹の饗宴  とっきーさっきー作 

名残惜しそうに唇を引き離した二人は、右腕を背中に回すとブラホックを緩めた。
申し合わせたみたいに白い歯を見せながら、紐ブラジャーを滑らかな指使いで引き抜いていく。
スルスルスル……スススッ……シュルルル……
続けて、紐でしかなかったショーツも下ろされていく。
喚声が静まるなか腰に両手を添えた彼女達は、背筋を立てたままの姿勢で右足を持ち上げた。
入れ替えるように左足も持ち上げる。
ヒザを曲げ気味にツマ先をピンと伸ばして、二人同時に卑猥なショーツを抜き取っていた。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/
レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板
< /noscript>